ドラム初心者対象、演奏をカンタンにアレンジするポイント

サウンドハウス

 

 

● ドラム初心者対象、演奏をカンタンに、アレンジするポイント

 

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

演奏の自由度が高いドラムは、表現の幅も広く、アレンジのしやすい楽器です。

 

また、曲の雰囲気を決定付けるのも、リズム楽器であるドラムの重要な役割です。

 

しかし、ドラムを始めたばかりですと、表現の前に、1曲通せるかどうかが、大事な点となります。

 

「コピーバンドやろうぜ」と決めて、ドラムが最後まで演奏ができないと、先に進まないのです。

 

バンドの心臓である、ドラムパートを、最後まで演奏するためのアレンジのヒントを、一緒に考えていきます。

 

 

 

〜媼圈Ε螢好福実Δら見るとわかる、ドラマーが、演奏で必要な大事なこと。

 

▲螢坤爛僖拭璽鵑隆蔑化のポイント。

 

フィルインの簡略化のポイント。

 

ぁ嶌埜紊泙捻藾佞任ること」に比重をいて、長く続けることで、出来なかったことも、不意に出来るようになることがある。

 

 

サウンドハウス

 

 

〜媼圈Ε螢好福実Δら見るとわかる、ドラマーが、演奏で必要な大事なこと。

 

 

演奏を聴きにいき、あり得ないパターンがあるとしたら、なんでしょうか。

 

まず、明確に思いつく、あり得ない例が、「演奏が止まる」ことです。

 

有名アーティストのライブで、万が一、演奏が止まってしまったライブに遭遇したなら、本当にレアなことです。

 

ただ、友人のライブに誘われ、見に行ったところ、途中で、演奏が止まってしまったとしたら、どうでしょう。

 

残念なことではありますが、一瞬でシラケてしまいます。

 

ドラムが止まった場合、他のパートから、白い目で見られることも、間違いないでしょう。

 

それほど、「演奏が止まる」こと、特にドラムが止まることは、演奏するうえで、あってはならないことなのです。

 

特に、ドラムは、『バンドの心臓部』なので、ドラムがビートを刻み続けてさえいれば、何とかなる場合も多いです。

 

演奏中、ギターが止まっても、演奏は続けられるのですが、ドラムが止まってしまうと、元も子もないのです。

 

演奏を止めないで、やり遂げられることで、はじめて評価されることの責任を、ドラマーが担っています。

 

簡単にアレンジすることは、バンドのためにもなることも踏まえて、話を進めていきましょう。

 

 

▲螢坤爛僖拭璽鵑隆蔑化のポイント。

 

 

リズムパターンの簡略化のヒントのひとつに、その曲で使われているリズムパターンの、最小のもので試してみることです。

 

例えば、速い8ビートで、ハイハットを8分音符で刻んでいるのであれば、それを4分音符にするなどです。

 

リズムパターンは、その楽曲の「骨」になる、大事な部分です。

 

先ほどの速い8ビートなら、ハイハットより、スネアとバスドラムが大事になるので、ハイハットは、控えめでも大丈夫です。

 

因みに、ポピュラーミュージックでは、スネアとバスドラムは、ビートのメインとなる音色になります。

 

また、もう一つのヒントに、急所を外さないことが、大事だということです。

 

例えば、そのリズムパターンの、ワンポイントになる音は、カンタンにしたとしても、入れた方が良いです。

 

特に、最近の曲は、テンポも速く、ウラ拍強調のものも、大変多くなってきました。

 

ウラ拍強調のリズムパターンなら、これを外すと、曲の雰囲気が一気に変わってしまいますので、この要素は外せません。

 

簡単にしすぎると、雰囲気が崩れ、急所を外すと、曲のフックになる部分が薄れ、ピントがズレてしまいます。

 

この二つのことを意識すると、ドラムをはじめたばかりの人でも、やり遂げることができると思います。

 

ただ、曲によっては、どうすることもできない曲もありますので、コピーバンドを行うなら、選曲も大事です。

 

 

 

フィルインの簡略化のポイント。

 

 

フィルインの簡略化のヒントとして、単純に音数を減らすというものがあります。

 

ドラムを始めたばかりですと、16分音符の連打などは、リズムが狂う要因になってしまいます。

 

例えば、1音だけ抜くとか、もしくは、全部8分音符にするなど、その雰囲気に合うものを選択していくと良いです。

 

録音してみて、合うか合わないかを判定しながら、自分のやり易いフィルインを、当てはめてみて下さい。

 

テンポが速く、音符の連打や、コンビネーションになっているものなどは、工夫が必要です。

 

特に見るべき部分は、「音の塊」です。

 

フィルインのフレーズに、適当な塊は無く、これを数値的に見ることができます。

 

例えば、4拍子なら、『1拍+1拍+1拍+1拍=4拍』となります。

 

これが、『1拍半+1拍半+1拍=4拍』や、トリッキーなものですと『1拍半+1拍+1拍半=4拍』というのもできます。

※「半」は0.5拍

 

そこから、1個ずつ音を外すだけでも、ずいぶん難易度は下がります。

 

 

ぁ嶌埜紊泙捻藾佞任ること」に比重をいて、長く続けることで、出来なかったことも、出来るようになる。

 

 

今回の、簡単にアレンジすることの目的は、「最後まで演奏できること」に、重きを置くからです。

 

もちろん、技術向上のために、難しいフィルインの練習も、継続すべきです。

 

ただ、それ以上に、大事なこともあります。

 

ウラ拍を意識した、腕の振り上げタイミングや、小節の1拍目を意識した演奏など、日々の練習で確認することも必要です。

 

そして、何事にも言えるかもしれませんが、「3歩進んで、2歩下がる」感覚が、ドラムの練習では、大変多くあります。

 

楽譜が読めない方も、分かりやすい、簡単なバンドスコアからはじめて、実際の曲と照らし合わせて見ていくと、わかってきます。

 

みんなで、同じタイミングでキメを演奏している部分などが分かれば、それが、フレーズを簡単にするヒントになります。

 

難しいことも、時間の経過で、不意にできてしまいます。

 

大きなリズムのくくりが見えてくれば、その演奏の目的が見え、それが叩けるようになるプロセスになります。

 

最後に、簡単なフレーズに切り替えていく、もう一つのメリットをお伝えします。

 

それは、実際のライブハウスなどで、あまり細かいフレーズをやっても、説得力がないと意味がない、ということです。

 

しっかり安定したリズムが刻め、安定したフィルインを、ドラマーが提供することで、メンバーも安心して演奏ができます。

 

シンプルな演奏は、奏者の実力が垣間見れ、さらに説得力を、もたらします。

 

 

 

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

ドラム教室のご案内

 

ピアノ教室のご案内

 

アクセス

 

自宅教室には、栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内で、声をかけてもらっています

※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

 

一緒にドラムを楽しみましょう!

 

 

サウンドハウス