初心者ドラマーが、楽しく続けるために、必要なこと2点

● 初心者ドラマーが、楽しく続けるために、必要なこと2点

 

 

サウンドハウス

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

ドラムなど、楽器をはじめたなら、楽しく、メキメキ上達したいのが本音です。

 

自分のなかで、テーマを決めて練習をすることは、上手くなるためには、必須ですね。

 

しかし、そこに「楽しさ」を見出すことは、なかなか大変かもしれません。

 

短期講座で、90名ほどの受講生さんを見てきて、楽しみを見出した人は、上達速度も速いなと感じます。

 

何事においても、通じることと思いますので、確認していきましょう。

 

 

 峩縮」の大きさは、上達を加速させる力になる。

 

好きな曲で練習を、深堀りすることが、上達のカギ。

 

【余談】見る角度を変えることで、意味が変わってくる。

 

ぜ分なりの、ドラムライフを楽しくする工夫をしましょう。

 

 

 峩縮」の大きさは、上達を加速させる力になる。

 

 

釣りが好きなら、竿やリール、釣りたい魚の特性など、興味があれば、どんどん頭に入ります。

 

興味があるのか、無いのかは、楽しく続けていくためというテーマの、結論とも言えます。

 

そのことに対して、興味があれば、調べ上げて、自分のものにしたい欲求があるのは、当然のことです。

 

カベにぶち当たったり、つまづいたり、先に進めなくこともあるでしょう。

 

それは、「前進している証拠」ですので、安心してください。

 

興味を持ち続け、求める力が強ければ、切り開いていけます。

 

この曲をやりたいと決めて、練習し続けた生徒さんは、自分で工夫しながら、カッコいい演奏を仕上げました。

 

興味の大きさは、演奏の説得力にまで、影響することを、講座などの講師をするなかで、何回も見てきました。

 

カンペキな演奏ができることも大事なのですが、興味や好きという気持ちは、それを超えます。

 

 

好きな曲で練習を、深堀りすることが、上達のカギ。

 

 

どのような曲であっても、練習テーマになることが、見つかります。

 

どんな曲でもいいので、好きな曲を掘り下げて、練習していくことが大事です。

 

速い曲のパターンを単純化したとしても、そのテンポで正確に刻むためには、どうすればいいかと考えます。

 

ロックバラードであれば、どうすれば、モタったり、走ったりしないように叩けるだろうかと、悩みます。

 

シンコペーションや、コンビネーションのフレーズを、ドラムをはじめたばかりだと、大きな壁になります。

 

好きな曲を練習テーマにするから、良い演奏をしようという考えや、悩みが出てくるのです。

 

どうせ叩くなら、カッコよく叩きたいですからね、当然の思考です。

 

また、その一曲を深堀りしていくことは、考えて練習することにつながり、技術の構築につながります。

 

様々なジャンルに手を出すのも、別に悪いことではありませんが、一曲掘り下げた方が、得られるものも、散乱しません。

 

ドラムをはじめたばかりなら、一点突破の集中練習で、演奏を磨くのは、大アリです。

 

 

【余談】見る角度を変えることで、意味が変わってくる。

 

 

ドラムは、実際にやってみると、思っているより、バラバラに動いていないことに気付きます。

 

一般の方から言えば、ドラムの演奏は、手足がバラバラで、出来るわけがないと言います。

 

リズムパターンにおいては、2音が同時に鳴る、一緒に叩いている部分が多く、バラバラな部分が少ないくらいです。

 

「リニアフレーズ」という、あえてバラバラに演奏するというフレーズがあるくらい、バラバラには、動いていないのです。

 

例えば、ハイハットの8分音符の羅列のなかで、バスドラムとスネアが、どこで一緒になり、バラけているでしょうか。

 

さらには、一緒に音を鳴らさなくてはならないところで、音のツブがそろっているでしょうか。

 

一緒に叩く部分と、交互に叩く部分を、意識するという、このような地味なところで、演奏の差が出ます。

 

ドラムは、「打楽器の集合体」であり、「ひとりパーカッションパート」です。

 

見る角度を変えることで、今必要な練習が、見つかることがあります。

 

 

ぜ分なりの、ドラムライフを楽しくする工夫をしましょう。

 

 

練習する方法は、それぞれとは思いますが、楽しくする工夫は必要です。

 

例えば、録音・録画で自分の演奏をチェックしながら、何なら、投稿してみるというのも良いですね。

 

電子ドラムとの練習のお供に、ローランドのGO:MIXERを常備しておくと、すぐに良い音で録音できます。

 

 

 

※ローランド GO:MIXER

 

サウンドハウス

 

演奏動画を、スマートホンで気軽に撮るなら、一台あっても、損はありません。

 

電源もスマホから供給で、音のミックスも、つまみで操作でき、手軽にコントロールできます。

 

ローランドのTD-1との組み合わせでも使いやすく、音源は、TD-1のMIX-INにつなげば、なかなかの演奏動画が撮れます。

 

ヘッドホンで作業すれば、スピーカーで音を流さなくても、すべての作業を済ませることができので、本当に手軽です。

 

 

※ローランド TD-1KPX2

 

サウンドハウス

 

電子ドラムは、倍音がないため、正確に叩く練習をするには、ピッタリの楽器です。

 

その他にも、様々な音色が入っているので、曲調に合わせて、合う音色を考えるのも、楽しいですね。

 

練習を楽しく進めていく仕方の工夫は、上達の上でも、本当に大事です。

 

楽しく学べる楽器やツールを使って、センスをあげていくことで、興味もさらに増すでしょう。

 

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

ドラム教室のご案内

 

ピアノ教室のご案内

 

アクセス

 

自宅教室には、栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内で、声をかけてもらっています

※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

 

一緒にドラムを楽しみましょう!

 

サウンドハウス

 

アフィリエイトのアクセストレード

 

コメント