コピバンドラマー必見!必要な2つの基本スキル

● コピバンドラマー必見!必要な2つの基本スキル  

 

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

安定したビートを刻めるドラマーは、バンドで喜ばれます。

 

ドラマーは、曲構成を知っていなければならず、それゆえ、バンド全体を引っ張る、重要なパートです。

 

ギタリストや、ベーシストが、ドラマーに求めるものは、難しいフレーズよりも、安定した曲進行なのかも知れません。

 

安定したビートを提供でき、バンドサウンドを引っ張れることができるドラマー像を、目指していきたいですね。

 

「上手いドラマー」の概念を、他の角度から見てみると、また違った感じ方ができるはずです。

 

今回は、これからバンド始めるぞ!という方に向けて、ドラムの基本スキルを紹介します。

 

^堕蠅靴織咫璽箸鮃錣爐海函

 

曲全体を把握しておくこと。

 

 

^堕蠅靴織咫璽箸鮃錣爐海函

 

 

安定したビートとは、メトロノームのように、テンポを、正確に叩けることだけではありません。

 

他のパートのメンバーが、一緒に演奏していて、『やり易い』と、感じてもらえることが大事です。

 

安定したビートを継続して、出せることは、ドラムに課せられた使命です。

 

ただ、テンポが正確なだけで良ければ、今は様々な機材があるので、そちらにやってもらえばいいでしょう。

 

しかし、「それだけじゃない要素」も欲しいから、ドラマーは、今も必要とされているわけです。

 

 

(1)「安定した演奏」をするために、奏者自らが、自身の技術に合わせて、工夫する必要があります。

 

・メインビートの簡素化

(細かい手技・足技を無くし、曲が変わらない程度まで、リズムパターンを簡素化する。)

 

・フィルインの簡略化

(アクセントやキメに集中し、その隙間にある、細かい手数は省略してみる。)

 

・テンポの設定

(バンド全体として、少し遅めに設定し、テンポより、タテを合わすことに注力する)

 

 

特に、成果が上がりやすいのは、フィルインの簡略化です。

 

無理して、できないフィルインを叩くことで起きる、演奏中の崩れるのを、防ぐことができます。

 

ただ、楽曲を決定づけるようなフィルインの場合は…、頑張るしかないですね。

 

実際に、簡素化すると、今度は、基礎力の有り無しが、明確になってきます。

 

その点をフォローするために、注意して演奏するポイントがあります。

 

・バスドラムとスネアドラムの音量を中心にし、シンバルの音量はおさえる。

(バスドラム:スネア:ハイハット=4:4:2になるような音量バランスのイメージ)

 

・フィルインの8分、16分の音のツブを揃える。

(右手と左手の、振り上げの高さを、確認する)

 

過去の記事のリンクです。

ドラマーの悩み ーテンポキープに効果的な、意識する2つのことー

https://blog.takaton.info/?eid=60

 

 

曲全体を把握しておくこと。

 

 

譜面に書き起こすまでしなくても良いので、暗記するか、メモしていくかで、曲を把握しておきましょう。

 

ドラムは、バンドの『心臓』であり、『エンジン』です。

 

ドラムが止まると、バンドのサウンドは、止まってしまいます。

 

練習の際は、ドラムだけで、曲の輪郭がわかるくらい、個人練習で仕上げて、丁度良いと思います。

 

,任發伝えした通り、簡素化・簡略化をすることは、止めないことにもつながります。

 

それだけでなく、自分なりの演奏にもなりますので、演奏のメッセージ性も強くなりますよね。

 

 

今回は、入門ドラマーのための、バンドメンバーに喜ばれる2つの知識について、端的にお伝えしました。

 

最後に、これだけ高機能のスマートフォンが普及した世の中なので、録画や録音を最大限に活用すべきです。

 

自分の演奏を、「第三者の耳と目」で確認していくと、新たな発見があるはずです。

 

ドラムは、バンドの『屋台柱』で、ドラムがバンドサウンドの要です。

 

その責任感が、あなたの演奏を、さらにすばらしいものにし、そして、人格を磨く大事な要素となります。

 

この確信を持って、日々の練習に取り組んでいきたいですね。

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

 

自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

 

(画像は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)


 

サウンドハウス

 

コメント