楽器を始めたら、「相棒さがし」が大事です。

● 楽器を始めたら、「相棒さがし」が大事です。

 

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

私は、好きなドラムと出会えたことが、人生を広げることができた、大きなキッカケになりました。

 

自分を表現できる手段を、手に入れることは、簡単そうで、実は、なかな見つからないものです。

 

また、好きなことであっても、継続していくことは、なかなか難しいものですね。

 

音楽をやるうえで、自分に合った、好きな「楽器」を知ることができれば、これほどハッピーなことはありません。

 

今回は、自分にあった楽器を探し求める大事さを、考えていきます。

 

ヽ擺錣箸僚于颪い蓮◆屮侫 璽好肇ぅ鵐廛譽奪轡腑鵝廚大事!

 

体験談:いつ出会えるかわからない『相棒』。

 

B膵イな楽器と一緒に、音楽生活を送れることは、どれだけ幸せか。

 

 

 

 ヽ擺錣箸僚于颪い蓮◆屮侫 璽好肇ぅ鵐廛譽奪轡腑鵝廚大事! 

 

 

先日、「ドラムライン」という映画のDVDを観ました。

 

 

そのなかで、楽器との関わり方について、何回か出てきます。

 

内容は、なかなか子どもに説明しにくいのですが(笑)、この映画で言っていた感覚は、本当によくわかります。

 

体の一部だったり、彼女のような存在だったり、楽器は、自分にとって、とても大事なものですね。

 

欲しいと思った楽器は、本当に必要なら、不思議と手に入ります。

 

楽器との出会いは、「その瞬間」だったりすることが、ほとんどだからです。

 

楽器との出会いというのは、本当にそんなものだからです。

 

雑誌でも、映像でも、「コレ!」と感じた楽器は、きっと、あなたにとって、大事なキッカケを与える楽器かもしれませんね。

 

そのくらい、『ビビッ!』とくるような、ファーストインプレッションは、大事にしてもらいたいのです。

 

 

 

◆‖慮鈎漫Гい捗于颪┐襪わからない『相棒』。 

 

 

高校生から、25歳まで、ずっと一緒に演奏してきた楽器が、ラディックのLM400です。

 

※ラディックのLM400 写真は、現行モデル

 

実は、出会いは偶然でした。

 

部活の顧問の友人が、家にあるドラムがいらなくなっいたとのことで、学校に寄付してくれました。

 

ドラムマガジンでも見ていたラディックのLM400が、ちょっとボロボロだけど、目の前にあるのです。

 

当時中古市場で7万円くらいしていた、憧れのスネアドラムでした。

 

衝動が抑えられず、数分後には、顧問に直談判し、そのスネアを、ありがたく譲ってもらいました。

 

今思えば、図々しい話なのですが、出会った「衝撃」とは、そのようなものなのでしょう。

 

スネアケースなんてありませんので、そのまま、電車に乗って持って帰りました。

 

ただただ、ワクワクしながら、持って帰ったことは、今も忘れることはありません。

 

もしかしたら、周りの人から見たら、おかしな高校生と思われたかもしれませんね。

 

けど、そんなことは、どうでも良いことです。

 

もし、一生のパートナーが目の前にいて、そのチャンスを、まんまと逃し、しょうがないと思ったら、ただ後悔しか残りません。

 

そのパートナーと、一緒にいられることになったとしたら、それほど嬉しいことはないでしょう。

 

LM400との出会いは、それほど、衝撃的なものだったのです。

 

いつ出会えるかわからない「相棒」を、片思いのように、思い焦がれることは、楽器との出会いを生むと信じています。

 

 

 

B膵イな楽器と一緒に、音楽生活を送れることは、どれだけ幸せか。 

 

 

先ほど、お話ししたように、結果として、長い間、LM400とは演奏を、共にしてきました。

 

この出会いのおかげで、自分のドラムへの基準ができたのは、間違いありません。

 

そのような出会いがあったから、結果として、今も私は、音楽をやらせてもらっています。

 

楽器を通じて、先ほどあったエピソードを紹介します。

 

先日、仕事先の、いつもお世話になっているお客様から、ギターを譲って頂きました。

 

このギターは、お客様の息子さんが所有していた、数本のうちの一本です。

 

息子さんは、20年前に、30代で病気で亡くなられて、以来ずっと、保管されているものだったのです。

 

ハードケースに保管されていたこともあり、状態は、大変良いものでした。

 

聴いていた趣味などを考えても、本当にギターが好きな方だったのだと思います。

 

さて、このギターなのですが、有名なアーティストが使っていたことで有名なモデルです。

 

※エピフォンのカジノは、ビートルズが使っていたことでも、有名なモデル。

 

実は、うちの妻も、そのアーティストが好きだったということもあり、譲っていただいたものを見た時、大変ビックリしてました。

 

この縁を大事に、「お預かりする」という思いで、大事に使わせてもらおうという、そんな気持ちです。

 

好きな楽器と、一緒に音楽生活を送れることは、幸せです。

 

楽器は、時代を超えて、あなたと一緒に、時を刻んてくれるからです。

 

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

 

ドラム教室のご案内

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

 

自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

 

サウンドハウス

 

 

(画像は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)

 

 

コメント