検証!「吹奏楽のドラム」の違和感を解消!3つの改善策

● 検証!「吹奏楽ドラム」の違和感を解消!3つの改善策

 

 

 

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

吹奏楽部のサウンドは、歴代の先輩から継承された伝統と、指導者の熱意でできている印象があります。

 

名門で揉まれるという選択や、無名から、のし上がるなど、プレイヤーとして、どうしていくかも、様々な道がありますね。

 

色々な奏者のテクニックをみて、考え、実践し、習うことができるなら習うといった、そのような行動は、大事なことです。

 

同じ練習をするにしても、自ら行動できるのか、受け身なのかで、同じ場所でがんばっても、結果は変わってきます。

 

ここでは、前回に引き続き、練習面において、改善できないかを考えてみます。

 

 

◎歴代先輩から引き継いだ『基礎練習』を、理由も考えないで、後輩に伝えていませんか?

 

 屮瓮鵐拭次廚誰なのかで、初心者は大きく変わってしまう!

 

⊆分から情報を取って、自分から練習方法を考えられる「プレイヤー」になる。

 

 

◎【歴代先輩から引き継いだ『基礎練習』を、理由も考えないで、後輩に伝えていませんか?】

 

 

『憧れた先輩の練習法だから、そのまま継承する』

 

確かに、その考えは、間違ってはいません。

 

武道の教えに、「守破離」というものがあります。

 

師匠を徹底して真似て、自らの工夫を加え、新しい道を究めることとの、意味だそうです。

 

師匠=メンターは、習う側にとっては、大きな存在です。

 

何事にも、考えも無しで行動することと、何か考えながら実践するとでは、大きな差が生まれます。

 

「継承」するなら、継承するなりに、事実の上で、結果を出さなくては、ウソになります。

 

結果の出ない「継承」は、何か間違っているはずです。

 

常に考えながら、練習に取り組むことは、必ず結果に結び付く、自発的なことから技術は、伸びていくのではないのでしょうか。

 

 

 據屮瓮鵐拭次廚誰なのかで、初心者は大きく変わってしまう!】

 

 

誰が師匠であったのか、そのスタートは、大きく左右します。

 

伝統として、先輩から後輩へ、技術が伝わっていくことは、部活では、当然ある話です。

 

部活という環境もあり、年の近い、部活の「先輩」がメンターになってしまうのは、仕方のないことかもしれません。

 

ただ、良くも、悪くも、中高生の吹奏楽部の悪いクセの元凶が、おそらく、これによります

 

「先輩が悪い」そこを、責めたいわけではないんです。

 

その基礎練習は、意味や理由を考え抜いて、伝わってきた練習なのかということです。

 

この部分が、置き去りになって、先輩が教えてくれたことだからで、済ませてしまうことが、とても気になるところです。

 

ここでは、具体例として、2点について書いていきます。

 

 

(1)スティックの軌道

 

 

野球やゴルフのスイングでも、スイング時に、体より、バットやクラブの先端が、行くことはありません。

 

身体より、先端が先に行ってしまうと、バットやクラブに力が伝わらず、球を飛ばしたくても、飛ばなくなってしまいます。

 

色々見ていると、バットや、クラブの軌道は、ドラムスティックの軌道と、ほとんど変わらないことがわかります。

 

※参考に、この動画をどうぞ。

 

ドラムの場合は、軌道がおかしくなると、音にも影響してしまいます。

 

スティックの軌道が、しっかりしてくると、まんべんなくスティックに力が伝わり、音色も良くなってきます。

 

 

(2)ドラムペダルの踏み方

 

 

自転車を漕ぐときに、ペダルから足を離すことは無いと思います。

 

なぜなら、いちいちペダルから、足が離れると、踏むエネルギーが逃げて、力が入らなくなるからです。

 

ドラムペダルも、ヒールアップ・ヒールダウン(注)、共に、ペダルから足を離さない方が、力は逃げません。

 

(注)ヒールアップ(かかとをあげてつま先で踏み込む)・ヒールダウン(ペダルにかかとをつけて踏む)】

 

※どんなに、高性能なペダルであっても、合理的な奏法を知らないと、性能を活かせなくなってしまいます。

 

 

◆攫分から情報を取って、自分から練習方法を考えられる「プレイヤー」になる】

 

 

今は、YouTubeでも有益な情報を、仕入れることができます。

 

奏法について、解説していなくても、「何で、このように叩けるのだろう?」と研究すると、様々なことが見えてきます。

 

そうすると、意識も、細部にわたって、必然的に変わってきます。

 

スティックを振る際に、体のどこに力が入っていますか?

 

そもそも、本当に力を抜くとは、どういう状況なのでしょうか?

 

また、姿勢が伸びているのと、伸びていないのでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

このように、意識してやらなきゃならないことは、沢山あります。

 

基礎は、どこまでも積み重ねです。

 

だからこそ、一番はじめに何を教わり、それについて、自分なりの意見を持つことが、肝心ではないかと思います。

 

そのうえで、「貫く部分」と、「柔軟に変化していく」ことは、何事にも大変大事な部分となると思っています。

 

そのようななことを、基礎練習から学んでいくと良いですよね。

 

ドラムのスタートアップに必要なことを、まとめたテキストもあるので、こちらをクリックして、参考にしてみてください。

 

期間限定価格で、今なら、第3章まで、無料で見ることができます。

 

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

ドラム教室のご案内

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

 

自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

 

サウンドハウス

 

(画像は、アフィリエイトのリンクを使用しています。)

 

アフィリエイトのアクセストレード

コメント