電子ドラムの、メリットとデメリットは、何ですか?

 電子ドラムの、メリットとデメリットは、何ですか?

 

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

シンバル1枚、タイコ1個で、できる表現は、プレイヤーの腕次第で、大きく広がります。

 

アコースティックのドラムのダイナミックな鳴りと、繊細さは、とても魅力がありますね。

 

電子ドラムは、新たな技術も導入され、プロモデルは、ライブでも使えるほどです。

 

練習モードも搭載され、電子ドラムは、日々の練習に悩む、ドラマーの味方となります。

 

ドラムをはじめたいという方も、さまざまな検索結果で、電子ドラムに対する評論を目にすると思います。

 

今回は、練習環境という点で、電子ドラムのメリットとデメリットについて、お伝えします。

 

 

‥纏劵疋薀爐離瓮螢奪

 

電子ドラムのデメリット

 

M想は?

 

 

‥纏劵疋薀爐離瓮螢奪

 

ここでは、ローランドのVドラムについて、書いています。

 

ローランドの電子ドラムには、メッシュパッドが採用されており、スティックワークの練習にも最適です。

 

モジュールには、メトロノーム機能の内蔵なので、電子ドラム1台で、練習環境が整います。

 

さらに、最大のメリットは、アコースティックドラムと違い、ムダな「倍音」がないことです。

 

このおかげで、練習の際には、しっかり打点を確認することができます。

 

最近の気付きでは、TD1KPX2で、TOTOの名曲「ロザーナ」を練習した際です。

 

ハーフタイムシャッフルの間に入る、ゴーストノートが、うまく馴染まなかったのです。

 

なぜかと考える中で、音量バランスをていねいに処理して、演奏しなくてはダメだと気付きました。

 

実際に形になった時に、このバランスは、アコースティックと変わらないと気付きました。

 

さらには、アコースティックの時には、倍音でわからなかった、ゴーストノートのアラを見つけることができました。

 

※TD1KPX2は、メッシュパッドを採用し、モジュールのTD-1も、アンサンブルに馴染みやすい音色を備えている。

 

ライブなどでは、アコースティックの倍音は、重要な要素となりますが、シビアな練習では、必要ありません。

 

他にも、音量調整ができ、耳も疲れないので、この点も、練習には最適です。

 

好きな音楽に合わせて演奏できる、MIX IN機能も、コピーバンドをやる方には、もってこいの機能ですね。

 

ちょっとした演奏会でしたら、電子ドラムなら、スッキリした音で、観客に音楽をお届けできますよ。

 

※専用アンプを使えば、低音が増強された、パワフルなサウンドを出すことができる。

 

 

電子ドラムのデメリット

 

根本的な部分ではありますが、致命的なデメリットは、電源がないと使えないことです。

 

また、ライブとなると、アンプ等の音響機器も必要になります。

 

しかし、練習における最大のデメリットは、バスドラムや、フロアタムにあります。

 

ミュートの入ったバスドラムや、ローピッチチューニングフロアタムなどの感覚は、本物には、かないません。

 

確かに、ある程度の、テンション調整は可能です。

 

しかし、再現するために、メッシュパッドのテンションをベロベロにすると、トリガーの反応が悪くなります。

 

バスドラムにしても、TD1KPX2の場合は、パッドがゴム素材なので、跳ね返りのリアルさはありません。

 

バスドラムの空気感など、リアルさを求めるには、ちょっと工夫は必要かもしれません。

 

ミドルラインのKD-120でも、難しさはあります。

 

 

※TD-25との組み合わせで、KD-180を使えば、リアル感も増す。

 

ここは、どこまで妥協するかということになってきます。

 

シンバル類も、複雑なタッチが欲しい方には、少し厳しいかもしれません。

 

ただ、自宅練習という観点から見たら、電子ドラムは優秀です。

 

スタジオなどで、アコースティックドラムの感覚を掴み、電子ドラムで細かい点を調整するというのが、効果的かもしれません。

 

ある日、教えに行くことがあり、そこでアコースティックドラムを叩いてみました。

 

電子ドラムの弊害で、感覚が違うかなと思って叩いてみたら、逆に、以前にも増して、気持ちよく叩けました。

 

どちらの良さも知ることで、どちらでも気持ちよく叩けるようになることが、一番なのかもしれませんね。

 

 

M想は?

 

やはり、アコースティックドラムと、電子ドラムの両方が叩ける環境が、ベストです。

 

両方の特性を知ったうえで、練習に取り入れることが大事です。

 

肌感覚ではありますが、電子ドラムで培ったステックワークやタッチは、アコースティックドラムで、活かされます。

 

電子ドラムで、演奏がまとまらない人は、アコースティックドラムでも、あまり演奏がまとまりません。

 

その人のクセが、電子ドラムでも表現されてしまうのです。

 

これは、他のRMSの先生に伺っても、同じようなことを言っておられました。

 

まずは、叩ける環境が第一として、初心者が電子ドラムから入っていくのは、間違った選択ではないと考えています。

 

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

ドラム教室のご案内

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

サウンドハウス

 

 

コメント