ドラム教室に通うと、どのような、良い点がありますか?

JUGEMテーマ:ドラム教室

● ドラム教室に通うと、どのような、良い点がありますか?

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

ドラムを通じて、得られることは、様々な形で現れます。

 

小学2年生の生徒さんは、運動会のダンスがキレが良くなったと、お母様より、喜びの声を頂きました。

 

リズムに乗って、手足を動かす、ドラムから得られることの「副産物」ですね。

 

好きな曲を演奏したいという、中学生の生徒さんは、できなかったリズムパターンが、急にできるようになっていました。

 

じっくり練習を進めていくなかで、身体の動きにも慣れて、意識が付いてきたのでしょう。

 

 

ここでは、ドラムを習うことの、良い点を、3点について、書いていきます。

 

 岼媼院廚垢襪海箸如◆屬任る」という認識ができます。

 

演奏を第三者の目で、チェックし、実演してくれることは、「最大の学び」です。

 

F罰悗眤膸!自ら学んだ「気付き」は、武器になる。

 

 

 岼媼院廚垢襪海箸如◆屬任る」という認識ができます。

 

自己肯定感を育むという点で、「できる」という経験は、欠かせないものです。

 

ドラムは、誰でも、簡単に、音を出すことができます。

 

そのドラムから、音を出すだけでなく、「演奏する」ことができたら、スゴイことですよね。

 

しかし、音は出せても、基本的な知識など、何も知らないと、好きな曲に合わせて、演奏はできません。

 

基本的なことがわかることで、小学生の低学年でも、好きな曲で、拍に合わせてパターンが叩けます。

 

「できる」ことは、その奥底に、「意識」があります。

 

逆に、「意識」することで、「できる」につながっていきます。

 

どんな形でも、成功体験をつかめることは、人生における大きな財産となります。

 

そのなかで、ドラムも、「できる」を体現できる、ひとつのツールになります。

 

 

 

演奏を第三者の目で、チェックし、実演してくれることは、「最大の学び」です。

 

ドラムの奏法は、習うと、悪いクセが付くことなく、上達に結び付きます。

 

独学で付いたクセは、なかなか抜くことができず、上達の妨げになることが、少なからずあります。

 

自分で気づかない部分や、意識する部分がわかることが、上達への近道でもあります。

 

先生が、実演してくれることも、大事な点です。

 

テキストや、動画など、現在は情報がたくさんあります。

 

しかし、実際に演奏している、その時の、音色や、動作などのを知ることは、大事な経験と情報として、記憶されます。

 

 

 

F罰悗眤膸!自ら学んだ「気付き」は、武器になる。

 

教室で習うことで、得られるもので書いてきましたが、独学から得られる良さもあります。

 

難しいことも、自分で見つけた発見や、気付きは、崩れない知識となります。

 

ただ習うだけで、受け身でいては、せっかく良いものを持っていても、上達の速度が、落ちていきます。

 

当然、習ってしまった方が、早く結果を出せます。

 

そこに、自分で決めた、明確な目標があれば、先生のアドバイスも、よい方向に働いていきます。

 

テキストや、動画から、色々調べて、自ら学ぶことは、自身の血肉になるのは、間違いありません。

 

どの分野においても、自ら学び得た「気付き」は、必ず、自分の武器になっていきます。

 

 

 

今回は、以上です。

 

引き続き、ドラムの楽しさや、奥深さを発信していきます。

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

 

自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

 

 

 

サウンドハウス

 

 

コメント