ピアノのレッスンから見た、ていねいに、演奏すべき点

● ピアノのレッスンから見た、ていねいに、演奏すべき点

 

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

プロの演奏者の華麗なプレイは、楽器をやっている人たちにとっては、憧れるものです。

 

奏者から、発せられる音は、音という名の「言葉」として、聴衆者に、訴えかけます。

 

その華麗な演奏の裏には、地道な練習があったのは、言うまでもありません。

 

楽譜に書かれた音符には、作者や編曲者の思いが記されたもので、それらは奏者に託されます。

 

今回は、音大合格の実績があるピアノ講師の、音楽に命を捧げるような、レッスンを拝見する機会を得ました。

 

奏者の演奏は、大変責任があるものであることを、改めて実感したので、その気付きについて書きます。

 

 

.ぅ鵐謄鵐櫃法△海世錣襪海箸覆、「ゆっくり、ていねいに仕上げること」が、第一である。

 

一緒に音が出ている部分、別々に音が出ている部分を、譜面で理解する。

 

1藾佞靴討い覿覆髻∨榲に『歌えている』のか?

 

げ擦僚个景と、身体の使い方。

 

ゥ函璽織襯丱薀鵐垢、最後は、音になって、表現される。

 

サウンドハウス

 

 

.ぅ鵐謄鵐櫃法△海世錣襪海箸覆、「ゆっくり、ていねいに仕上げること」が、第一である。

 

 

「弾ける」レベルとは、何かを考えさせられるレッスンを、見せてもらいました。

 

CDに録音されている、楽譜の音源通りのテンポで、演奏したいというのは、挑戦する側としては、当然の思いです。

 

今回出会ったピアノの先生から言わせれば、とりあえず弾いているのは、「チャラチャラ弾いているだけ」というのです。

 

どこまで、作曲者の意図に沿って、演奏しているのか。

 

どこまで、楽譜に穴が開くくらい研究し、楽譜通りに演奏できたのか。

 

どこまで、演奏するための、音の出し方から、身体の使い方も含め、技術を詰めたのか。

 

速く弾くことに注力しすぎて、ゆっくりで、その通りに弾けなければ、当然、弾けていないわけです。

 

ゆっくり、ていねいに仕上げることの大切さは、ここまでの思いがあったように感じたレッスン内容でした。

 

「チャラチャラ弾いているピアノ」は、先生から言わせれば、ピアノの演奏ではないという、明確な意思を感じました。

 

 

一緒に音が出ている部分、別々に音が出ている部分を、譜面で理解する。

 

 

ドラムの奏法でも、大事な点のひとつに、一緒に叩く部分と、交互に叩く部分を明確にすることがあります。

 

それは、ピアノの奏法でも変わりません。

 

楽譜に、和音として、同時に音を鳴らす時は、必ず鳴らし、交互に弾く時は、バラバラに聴こえるように演奏することです。

 

実は、こんな当たり前のことが、できるかどうかの難しさが、演奏にはあるのです。

 

自分の体の動きを、自分自身がコントロールできているかどうか。

 

楽器を演奏している奏者には、そのような要求も、演奏したい楽曲から、「要求」されるのです。

 

楽曲を、より良く演奏することは、奏者のシビア過ぎる演奏への欲求が、必要とも言えます。

 

 

1藾佞靴討い覿覆髻∨榲に『歌えている』のか?

 

 

『右手のフレーズを弾いている時に、左手のフレーズは歌えますか?』

 

これは、とても難しいことなのかもしれません。

 

演奏しながら、左右の動きを把握し、歌い、演奏をこなすというわけです。

 

先生も、左手の音が聞こえないと、左手の音を、実際に歌いながら、右手のフレーズを弾いたと言います。

 

そもそも、楽譜を理解できていたのかと、ハッとさせられる内容です。

 

メロディを口ずさめて、演奏できることは、大きな才能です。

 

ドラムでは、大事な要素であるとは思っていましたが、ピアノでも大事な要素だったのですね。

 

明瞭な演奏になることは、間違いありません。

 

 

げ擦僚个景と、身体の使い方。

 

 

ここのピアノ教室では、むやみにペダルは踏みません。

 

ペダルを使わない分、指で、鍵盤をコントロールしています。

 

それを象徴することに、鍵盤を、押したときには、「すでに力が抜けている状態」と、先生は言います。

 

また、小さい音で、連符を弾くような、繊細な音を出すときは、指先を「細くするイメージ」と、教えていました。

 

イメージと、身体の使い方を、完全にリンクさせるためのレッスンです。

 

また、すべての音符に、付点をつけて、弾いてみる練習は、目からウロコでした。

 

低い音から、高い音へ、また、その逆と、スクエアな連符を弾く際の、音ムラの改善につながります。

 

練習では、ペダルを使わないので、指で音の長さをコントロールするという、かなりシビアなものです。

 

打楽器と違い、音も伸びるので、きれいな付点の連符で弾くには、かなりの神経を集中させるでしょう。

 

大変、興味深いレッスン内容でした。

 

 

ゥ函璽織襯丱薀鵐垢、最後は、音になって、表現される。

 

 

徹底した基礎力といっても、技術だけでなく、精神力や、想像力、楽器への向き合い方など、深堀要素が大変多いです。

 

さらに印象的だったのは、先生が弾かれる、たった数小節の演奏での説得力です。

 

先生の演奏は、音符が歌っているし、曲の輪郭の彫が、深いのです。

 

高音から低音の、音量バランスや強弱、音の長さ、さらには楽器が、間違いなく先生の演奏に、服従している感じなど。

 

年輪を重ねに重ねた、大樹のような感じといえば、良いのかもしれません。

 

トータルバランスなんて、軽々しく言ってはいけないくらい、とにかく積み重ねが大事であることを、思い知らされました。

 

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

ドラム教室のご案内

 

ピアノ教室のご案内

 

アクセス

 

自宅教室には、栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内で、声をかけてもらっています

※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

 

一緒にドラムを楽しみましょう!

 

サウンドハウス

 

 

アフィリエイトのアクセストレード